img-1

基礎化粧品を効果的に使うために

毎日のスキンケア化粧品を効果的に使うための方法をご紹介します。まず、ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料はよく泡立てましょう。

泡がクッションになり、肌を直接こすってダメージを与えるのを防いでくれます。

ごしごしと擦らないと汚れが落ちないような気がしてしまいますが、よく泡立てた泡だけで十分汚れは落ちます。


あまり熱心に角質を取りすぎてしまうと、肌のターンオーバーが崩れてしまい、毛穴が広がったり余計に汚れがたまりやすくなってしまいます。清潔なタオルで肌の水分を擦らずふき取り、なるべく早く化粧水をつけます。
時間が経つにつれて、化粧品を吸収しにくくなってしまいます。

顔を洗ったらまず化粧水です。
きれいな手に少しずつ取り、手のひらで優しく肌を温めるように化粧水をつけましょう。
手の温度で化粧水が暖まり、肌に浸透しやすくなります。


力の入りにくい薬指などで、鼻の脇や目元など、凹凸のある部分にもしっかり染みこませます。


次に美容液です。部分美容液なども出ていますが、やはり気になるところに重点的につけるようにしましょう。
化粧水をつけるときもですが、肌にいい成分が染みこんでいるな、と思いながら丁寧にケアするとより肌がキレイになってくれます。

そのあとは乳液ですが、ほとんどの基礎化粧品は、化粧水と乳液、同じ量で売られていますが、乳液は化粧水ほど量を使わなくて大丈夫です。肌質によって、乾燥肌の人とオイリー肌の人では変わってくるかと思いますが、化粧水ほど浸透しないので沢山つけるとベタベタしてしまいます。

最後はクリームですが、これも薄く伸ばす程度で大丈夫です。

保水した肌の水分を逃がさないようにするためなので、適量をつけるようにしましょう。
あとは食事のバランスに少しだけ気をつけてみたり、ぐっすり眠ったりして栄養が肌まで行き届くようにすれば、きっと肌も健やかでいてくれるはずです。


夏になり、もう日焼け止めが欠かせない季節。


なんならさらに日傘なんかも差して。
紫外線は冬でも曇りでも降り注いでいるから、一年中日焼け止めを塗りましょう。


というのが常識になりつつありますね。しかし、日焼け止めって、けっこう肌に負担がかかっているんです。


せっかく肌を守るために使っているのに、肌荒れを起こしてしまっては大変です。


特に、敏感肌の方なんかはUV化粧品で肌が荒れてしまった、なんてことがあるかもしれません。

今まで使っていた日焼け止めと同じものなのに、急に肌が荒れてしまうこともあります。

なぜかというと、ストレスなどで腎臓機能が弱ってしまって体の中で本来作られるはずだったはずのステロイドがうまく作れなくなり、今まで普通に使えていた化粧品の中に入っている成分に、肌が耐えられなくなってしまうからです。


皮膚科に行って肌荒れの原因がなにか、アレルギー源などを調べてもらうのが一番ですが、今まで使っていた化粧品を見直してみるのも大切です。


日焼け止めで肌が荒れる原因になる成分のひとつが、「紫外線吸収剤」です。
敏感肌用の日焼け止めや、子供用の日焼け止めのパッケージをよくみてみると「紫外線吸収剤不使用」と書いてあるものがあります。
「紫外線吸収剤」とは、肌の表面で受けた紫外線を、化学反応を起こし紫外線から肌を守るというもの。


ただこの成分を使用することによって、透明で白浮きしにくくなったり、さらさらとしたつけ心地で使いやすく、最近では主流になっています。「紫外線吸収剤不使用」のものは、受けた紫外線を肌の上で散乱させて日焼けを防ぐので、肌に優しいものが多いです。しかしテクスチャーがこってりしていたり、汗で流れやすいなどのデメリットもあります。


同じ化粧品を使い続けるのではなく、肌の調子を見つつ化粧品も変えてみることも大切かもしれません。

無添加のOEMの化粧品の情報サイトはこちらです。

期待できるサンドイッチメーカーの有益情報を見つけよう。

ターゲットに応じたファーストクラッシュについて考察してみましょう。



iphone8の予約に関するマニアックな情報をお届けします。

http://rocketnews24.com/2010/05/14/?pcview=true

http://okwave.jp/qa/q8425711.html

http://news.mynavi.jp/news/2015/09/28/164/

関連リンク

img-2

基礎化粧品を効果的に使うために

毎日のスキンケア化粧品を効果的に使うための方法をご紹介します。まず、ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料はよく泡立てましょう。...

more
img-3

敏感肌ならミネラル化粧品

ちょっとの刺激で肌トラブルとなってしまうのが敏感肌です。肌に合う化粧品を探すため、様々なものを試しては肌トラブルに見舞われるなどと自分に合った化粧品を見つけるだけでも一苦労なのです。...

more